読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

かつまたの日々のおすすめ88選

暮らしを楽しむ。グッとくるモノ・コト

【その8】holly wood buddy furniture

本当にやばい家具(隠しておきたい)。

 

holly wood buddy furniture(ホーリーウッドバディファーニチャー)

 

ここの家具はとにかくすごい。

もはや”祈り”

 

20年以上真摯に物作りに向き合ってきた宮嶋さんの

家具や暮らしに対する神聖化の結晶のような作品たち。

 

少し高くても

一生使うって視点から買ってしまってもいい。

むしろ形骸化した消費物でやせ細ったライフスタイルを築くくらいなら

日々を豊かにしてくれるものに投資したほうがいいんじゃないだろうか。

 

f:id:junwiz:20170426101841j:plain

 

この佇まい。

f:id:junwiz:20170428102008j:plain

この滑らかさ。(鳥肌)

 

f:id:junwiz:20170426101845j:plain

f:id:junwiz:20170426101850j:plain

f:id:junwiz:20170426101856j:plain

f:id:junwiz:20170426101901j:plain

オーダーでキッチンや下駄箱も製作してます。

 

素晴らしい家具はたくさんあるけれど、

『ずっと見ていたい』って思った家具はこれがはじめて。

 

そしてまた宮島さんのブログが美しい。(ぜひ読むといい。勉強にもなる。)

holly's miyazima diary

 

いつか写真集とか書籍にして欲しい、、、

 

 

 

お店のホームページはこちらね。

★ holly wood buddy furniture ★

 

 

金曜と土曜だけ空いてるショールームに行くと実際の家具に触れることができます。

ほかの日は予約制で、基本的に製作に励まれているとのこと。

 

 

 

思いを持って、ものづくりをしている人と接すると

お金とか以上の何かをそこに見ているのは明らかで

深い自己問答の末のアウトプットと

真摯な思いは

結果として物に通常でない気を宿らせるように思う。

 

「あ、これは大事に使わないと」と自然と体が反応するような物に出会うと

やっぱり嬉しくなる。

 

日常にそういったものが散らばっているなら

日常は嬉しいものになる。

 

丁寧に生きるとかっていうけども

一つ一つ選んで

喜びのあるものを身の回りに置いて

大切にしたいと思うことで

心がやすらぐ気がするね。

ちなみにもうすぐショールームにカフェを併設するそうです。(できたら絶対に行ってしまう。)


ちなみにちなみにテーブルなどをオーダーすると1年待ちだそうです。
(クオリティ維持のために外注などはしないので)


ここで椅子を作ってもらいたいなーーーー

ということで、本日は以上!