読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

かつまたの日々のおすすめ88選

暮らしを楽しむ。グッとくるモノ・コト

【その17】アーバンリサーチストアの選書

本屋さん以外でも本に出会う機会が増えたよね。

 

 

雑貨屋さん、カフェ、セレクトショップ、、、

 

ただ

過度にアーティスティックだとわからないし

あまり哲学的過ぎても小難しい。

 

 

アーバンリサーチストアの本棚の選書はとても絶妙なんですよ。

 

f:id:junwiz:20170518142046j:plain

 

服や家具が置かれている店内の一角にさらりと本棚があるのだけど

どの本もプロダクトとしておしゃれだし

内容もキャッチ―。

 

 

f:id:junwiz:20170518141319j:plain

 

 ↑にほんごで遊ぶ

 

f:id:junwiz:20170518141352j:plain

 

↑世界中の読書中の人の写真を集めた写真集

 

 

本屋さんって

どんな内容の本を置くのかも大事だけど

その本をプロダクトとして

どんな風に構成するのかがとっても大事だと思う。

 

本の内容的な部分でいうと

それこそ電子書籍でいいじゃないって話につながっていくけれど

本は、本として紙に刷られて、装丁があって、紙の素材があって、

大きさがあるから

あぁこの本を手元に置いておきたい。

とか思う人がいる。

 

 

 

読む行為をデザインしたり

コミュニケーションをデザインしたり

とても多次元的なART作品の役割を果たしてくれる

右脳も左脳も喜ぶような

そういう選書にグッとくる。

 

 

アーバンリサーチストアは都心部などにちょいちょいあると思うから見つけたらよってみると思いもよらぬ出会いがあるかと。

(個人的には渋谷店が好き。) 

 

 

 

本屋さんも本も大好き。

本をとりまく環境がすごく変わってきているのも肌で感じる。

 

アマゾン

そして大型書店

中間層がなくなってきているし、

でも逆にコンセプトのある本屋さんは目立ってきている。

 

それでもやっぱり

グッとくる本空間や棚というのは滅多にお目にかかれない。

ということでアーバンリサーチの選書をしている人には一度会ってみたいとすら思うほど好きです。

 

 

以上です。

かつまた